岡山県の公立高校入試制度(平成26年度改定)

岡山県 公立高校入試制度 (平成26年度改定)

内申書について

 

内申書には、中学3年間の成績が、5段階評価で記入されます。

 

一般入学者選抜の内申書は、
 中3の成績が、内申点の対象となます。

 

学力検査を実施しない実技4教科の成績
特に重視されます。

 

 

一般入学者選抜について

 

一般入学者選抜は、以下の結果などを総合的に判断して
合否が決定されます。

 

・学力検査(5教科350点満点)
・内申書(110点満点)
・面接・実技検査

 

 

学力検査で、独自の問題を作成している高校があるので
注意してください。
(平成26年度は岡山朝日で国数英が独自問題でした)

 

傾斜配点」や「内申書・面接などを重視する選抜」を実施する高校・学科・コースもあります。

 

 

特別入学者選抜について

 

特別入学者選抜は、以下の学科で、平成26年度入試から実施されています。
・専門学科
・総合学科のすべて
・普通科の一部

 

特別入学者選抜の内容

 

内申書と以下の検査結果を選抜資料とし、目的意識や適性等を重視して総合的に判定されます。

 

・3教科(国語・数学・英語)の学力検査
・面接

 

・口頭試問・小論文・作文・実技のうち一つ以上を
 高校が選び実施します。

岡山県の公立高校入試制度(平成26年度改定)関連エントリー

高校偏差値
2014(平成26)年度岡山県高校入試について。地域密着の個別指導・一斉指導で、分かるまで徹底指導する、学習・進学塾・英検指導塾です。