育脳コースについて

人間の脳は幼児期に約90%できあがってしまうといわれています。

 

IQは、これからの人生を豊かにする大切な要素の一つで、
社会性や人格形成にも大きく影響を与えるものです。

 

そして、脳への良質な(質の高い)刺激が、脳の発達を促し、
それによってIQも伸びます。

 

そのIQが著しく伸びる時期が幼児期です。
それを逃すと、いくら努力しても限界があると考えられています。

 

脳が目覚ましく発達する可能性を秘めた幼児期は、
今後の人生を豊かにするために必要な脳を鍛えるのに
とても大事な時期です。

 

 

今の世の中は、企業や社会が求める能力も大きく変わってきています。

 

学歴や資格ではなく、
「実社会で活躍する・成功するための能力」が評価されるようになりました。

 

・頭の回転が早い
・論理的な考え方ができる
・即座に状況判断ができる
・発想力が優れている

 

などが注目されるようになりました。

 

 

幼児期に、目先の知識習得ではなく、バランスのよい柔軟な脳を育ててあげることは、
将来の大きな財産になることでしょう。

 

 

また、今の世の中は、インターネットや、スマホの勉強アプリなどで簡単に勉強できるようになりました。

 

しかし「パソコン学習は学習定着率が著しく低い」という
驚きの研究結果が判明したんです。

 

手の動作を伴いながら学習しないと頭に残らないそうです。

 

「クリック」「スクロール」ではダメで、
鉛筆と紙を使って「書く」「めくる」などの手の動作が学習の定着には必要で、
昔ながらの「書いて覚える」というのは、理にかなっているんですね。

 

さらに、プリントでの学習は、「これだけやった」という達成感が味わえるし、
とてもいい学習方法なんです。

 

 

中学生に宿題を出した場合も、プリントとワークブックでは、
プリントの方がよくやってきます。

 

それも、問題数が少ない、裏のない、表だけのプリントは、
「これだけ枚数をやった」という視覚からも受ける達成感と満足感をも
もたらしてくれます。

 

 

育脳コース」では、ひとりひとりの成長に合わせ、文字や数だけでなく、

 

空間認知能力・思考力・推理力・創造力・表現力などのさまざまな能力の可能性を引き出し、
右脳・左脳がバランスよく育成するお手伝いをします。

 

 

取組み内容の例

 

・おもさくらべ
・ながさくらべ
・なかまはずれ
・いちとじゅんばん
・サイコロのならび
・かさなるじゅんばん
・すうじのならび
・きりとりパズル
・パズルどこの部分
・まちがいさがし
・あまるのどれだ
・かたあわせ
・まねしてずけいかき
・おなじさんかくどれ
・図のおおきさ
・図のかいてん

・図のはんてん
・てんむすび
・かがみうつし
・自由につけたそう
・何がでてくる?
・つづきおえかき鏡うつし
・料理をかこう
・へんてこいきもの
・錯覚の絵
・言葉を絵にしよう
・漢字であらわそう
・宇宙人をかこう
・セリフを入れよう
・私だけ!マイグッズ
・家をつくろう
・ロボット家族をかこう

・こまったぞ!どうする
・ことばなぞりカタカナ
・もののなまえカタカナ
・ことばさがし
・しりとりあそび
・ことばなぞりひらがな
・ことばさがし
・ならべかえことば
・ちがいはいくつ
・あといくつ
・ひいたらいくつ
・ふえたりへったり
・おなじかずはどれ
・おおいのどっち
・あわせていくつ
・たしたらいくつ

・はこのなかみはいくつ
・おなじかずはどれ
・すうじけし
・ドッツかぞえ
・すうじむすび
・すうじめいろ
・おもしろ短文づくり

 

 

幼児教育は、教室とご家庭で、一緒に取り組むことが大切だと思います。

 

 

■対象
就学前のお子様

 

■時間 
週1〜2回 15〜30分

 

■月謝 
週1回 2000円 
週2回 3000円