岡山市東区国語専門塾「まほろば」

国語専門の字学習塾・作文・ディベートあり。

2020年度
大学入試改革で、早急な養成が必須の国語力

 

「まだまだ先のこと」ではありません。すでに高校入試にも影響が出ています。

 

■ 大学入試はどう変わる?

 
2017年の中学3年生が大学受験に臨む年から、大学入試が変わります。

 

「知識」重視から「思考力・判断力・表現力」を中心に評価されるようになります。

 

グループ・ディスカッション・ディベート・小論文などを通して
「思考力」「次を考える能力」「表現する力」などの学力を多面的・総合的に評価する、つまり 真の「学力」を評価する試験になります。
 
変化の激しいグローバル化社会に対応できる人材を育てようとしているようです。
 
 
これから本当に身につけるべき力は土台に「国語力」ありきだと思います。
 

 

■ 国語力の必要性とは?

それを見越して、全国の高校入試でも、記述式の問題が増加しています。

 

それにともない、中学・高校の試験内容や授業もすでに大きく変わりはじめています。 


国語力は一朝一夕につくものではありません。
今、まさに早期からの記述力養成が求められています。
 
● すべての学力につながる国語力が上がれば、成績は上がる。
● 国語力の向上なしには、本物の学力の向上は望めない。
● 算数・数学・英語でも文章題には、国語力が必要!

 

本当の国語力が身に付く!
受験に強い!

 

 

 

 

■ 国語専科「まほろば」とは?

 

小学生低学年から中学生まで、学年に関係なく、現在の実力に応じたレベルからスタートします。
国語専科「まほろば」は、本当の国語力向上、読解力向上、作文・小論文向上を
目指し、確実に解ける技術を身に付けることにより、全科目に通用する記述力を
養成いたします。
また、大学入試改革において、資格の有無もポイントになるようです。
国語専科「まほろば」では、漢字検定・文章能力検定の指導も行います。・
読解問題では「公式」を使用します。「公式」にしたがって問題を解くことで、
 読解技術の基本を身につけていきます。
・作文・小論文にも、書き方の「公式」があります。自分の考えや知識を
 その「公式」に当てはめると、書けば書くほどぐんぐん上達します。

 

■ 授業の流れ

@ 語彙力テスト(漢字学習)

毎回の小テストを通じ、語彙力(漢字能力)を高めていきます。

A 読解力演習

読解の「公式」を理解して使えるようにします。

B 短文作り(記述練習)

3つの熟語を使って、主語述語のはっきりした30字前後の短文を作ります。

C 作文・小論文

「公式」に基づいた書き方をマスターし、筋の通った文章を書けるようにします。

D 読本ディスカッション

世界の名作の一部を全員で読み、場面や人物の心境についての討論を行います。

 

 

 ■ 授業料について

 

・小学1・2(3)年生(週1 60分) ・・・ 6,000円
・小学3〜中学2年生(週1 80分)・・・ 8,000円
・中学3年生 (各学期9回 90分)・・ 20,000円

 

入会金 5.000円 (兄弟・姉妹 入会金免除)/ 設備費 月500円
教材費 1年に2回程度 1冊2,160円、2,700円(進度による)
● 水曜・木曜・土曜の夕方を予定しています。

 

AUアカデミー

TEL 086-278-5931
岡山県岡山市東区城東台西3-13-16 上道駅から南へ徒歩約10分

岡山市東区学習塾 国語 まほろば